黒木華さん主演映画のリップヴァンウィンクルの花嫁のネタバレ

リップヴァンウィンクルの花嫁

原作は、岩井俊二さんの「リップヴァンウィンクルの花嫁(リップヴァンウィンクルのはなよめ)」。

岩井俊二さんがCMのオーディションで黒木華さんと知り合った際に、黒木華さんにインスピレーションを持って作品が作られたというエピソードがあり、まさに黒木華さんのためにつくられたような作品ですね。

黒木華さん主演映画リップヴァンウィンクルの花嫁のネタバレ

2016年の東京。

派遣教師の皆川七海は、普通に生きてきた。

中学校の臨時教員とコンビニのアルバイトを掛け持ちしながら漠然と生きてきた皆川七海。

実はSNSでHN「クラムボン」で日常の出来事を書き込んでいました。

ある日、彼女はお見合いSNSで知り合った鶴岡鉄也をネットで買い物するかのように手に入れ、そして結婚が決まります。

結婚式をすることになった七海と鉄也でしたが、友人の多い鉄也から参列者を増やすように言われます。

皆川七海は、結婚式に出席してくれる親戚も友人も少なかったので、SNSで相談すると、「何でも屋」を紹介され、安室行舛に代理出席を依頼することに。

声の小さな皆川七海は、臨時教員の雇い止めとなりますが、

鉄也と結婚していたため、住む場所はあった皆川七海でしたが、鉄也の不倫に悩むことに。

実は「何でも屋」の安室が仕組んだ企みにより、義母からも七海が不倫をしていると疑いをかけられ、鉄也からも家を追い出されることになります。

家と夫を同時に失った七海に「何でも屋」の安室は、結婚式の代理出席を斡旋。そこで知り合ったのが里中真白という女性。

真白と意気投合した七海は、すぐにSNSの連絡先を交換します。真白はリップヴァンウィンクルというハンドル名を使っていたのでした。

「何でも屋」の安室に紹介されたのが、住み込みで屋敷を管理する「メイド」の仕事。

そこにはすでに結婚式の代理出席バイトで知り合った真白が住み込んでいて、二人の共同生活が始まります。

真白は体調が優れず、日に日に痩せていきます。

真白が高熱で倒れた日に、マネージャーである恒吉から、真白がAV女優であること、高額な家賃を払ってあの屋敷を借りていることを知らされました。

七海は真白に無駄遣いせずに自分を大切にしてと言って、2人で暮らせる新たな部屋探しに出かけます。

帰り道でウエディングドレス店を見つけた真白は、中に入り、2人でドレスを試着。

七海と真白は店内のチャペルで指輪交換の真似をし、2人は大はしゃぎ。

真白はドレスをレンタルして着たまま家へ帰り、パーティして豪華な食事とワインを飲み、ベッドに横になります。

そして、真白は「夕ヒんでと言ったら、一緒に夕ヒんでくれる?」と七海に聞くと、真白は戸惑いながら「ハイ」と頷きます。

翌日、葬儀屋と安室が来ます。

実は末期がんだった真白は1人で旅立つのが怖くて、道連れにする人を探すために安室に1千万円を支払っていたのです。

目を覚ました七海に驚く安室。

そして、ごまかす安室。

真白の葬儀には母親は来ませんでした。

後日、真白の母親を訪ね、真白の母親のわだかまりを解消。

そして、七海は新しい生活に踏み出すのでした。

リップヴァンウィンクルの花嫁 キャスト

皆川七海:黒木華

主人公の臨時教員だった皆川七海役

安室行舛:綾野剛

何でも屋の安室行舛役

里中真白:Cocco

豪邸に住み込むメイド
道連れにしようと何でも屋の安室行舛に依頼したのでした。

鶴岡鉄也:地曳豪

皆川七海の結婚相手

鶴岡カヤ子:原日出子

鉄也の母親で、皆川七海の義母

リップヴァンウィンクルの花嫁 名シーンのロケ地

いろいろな場所で撮影していますが、Twitterで確認されたロケ地をご紹介します。

大田区:蒲田黒湯温泉ホテル末広

品川区:新目黒茶屋、五反田 アリエッタ ホテル&トラットリア

箱根町:箱根アルベルゴバンブー

リップヴァンウィンクルの花嫁 名言

この世界はさ、本当は幸せだらけなんだよ

見終わった後にジーンとくる映画です。

映画 リップヴァンウィンクルの花嫁の感想

黒木華さん演じる皆川七海は派遣の非常勤教師です。
自信がなく小さな声で話す七海は派遣先の高校で生徒に馬鹿にされ、からかわれても叱ることもできません。
しかも足りない生活費は生徒たちに見つからないように変装してコンビニのバイトで賄う生活をしています。

ある日、七海はお見合いサイトで知り合った鶴岡鉄也(地曵豪)と待ち合わせをしてそのまま付き合い、結婚します。
しかし結婚式に呼べるような付き合いのある親戚が少なく、七海は何でも屋の安室行舛と名乗る男(綾野剛)に結婚式で親戚として出席してくれる人を集めてもらいます。

鉄也との新婚生活も束の間、七海は部屋に落ちていたイヤリングを見つけ鉄也の浮気を疑いますが、姑から逆に浮気の疑いをかけられ離婚されてしまいます。

そんな七海に安室は怪しい仕事を依頼します。
他人の結婚式に親族として出席する仕事と、月100万円の報酬が貰えるメイドの仕事を立て続けに紹介し強引に引き受けさせる安室。

安室の依頼した仕事で七海は里中真白(Cocco)という女性と知り合い、2人で住み込みのメイドを始めます。
真白は七海を気に入っているようで、猫がじゃれるように七海にじゃれて、七海もそんな真白との生活が楽しく穏やかに生活しているのですが、なぜか次第に真白は衰弱していきます。

七海は衰弱の原因が分からないまま真白を心配し、2人でずっと一緒に暮らせる質素な部屋を探すことを提案しますが、その矢先にある事件が起こります。

この映画の原作は岩井俊二監督が黒木華さんをイメージして執筆したそうです。

物語の前半の七海は自分に自信がなくおどおどしている女性でした。

彼を手軽にお見合いサイトで見つけ、派遣教師を解雇されたことを周囲に言いたくなくて生徒には結婚退職と言い、婚約の決まった彼には専業主婦になりたいから仕事を辞めると嘘をつく。
しかも結婚式に呼ぶ親族も何でも屋に集めてもらった人達、となんとか体裁を整えて普通に生活しようとしていました。

ところが姑に何もかも嘘だった上に浮気したと責められ、七海は反論もできずに家を追い出されます。

そんな七海に何かと声をかけて自分の仕事を強引に引き受けさせる安室の目的とは?
そして衰弱していく真白の秘密とは?

後半には驚きの展開があり、様々な謎が解明されます。

七海は安室との別れ際には自分から手を差し出し握手を求め、大きな声でお礼を言えるような自己主張のできる女性になっています。

安室は極悪人としか言えないような男性なのですが、結果的に七海を成長させ、しかも妙に礼儀正しく面倒見の良いところもある不思議な役柄でした。

黒木華さんと綾野剛さんの組み合わせが光る作品です。
そして七海と真白がウエディングドレスを着て戯れる場面はとても美しく必見です。

 
【おすすめの記事】
黒木華さんの和風顔メイクテクニック黒木華さんの和風顔メイク方法をチェック! 黒木華のお相手は黒木華は結婚しているの?旦那はいるの?彼氏はどうなの? 似ている?黒木華と蒼井優と似ている?共通点と相違点 黒木華の所属事務所黒木華の所属事務所 CM出演はどう? 黒木華プロフィール黒木華さんの読み方| 本名やプロフィールをご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です